ツインソウル研究所

唯一無二の魂の伴侶『ツインソウル』の特徴や、出会いから統合までのプロセスを研究するブログです。

ツインソウル、セックスの概念について

f:id:twin_ray:20170622002432j:plain

ツインソウル、セックスの概念について

<概念>

通常、ツインソウルの二人が性的関係を結べるのは、統合の第7ステージです。

真実の愛『ツインソウル応援プロジェクト』さんより引用させて頂いてます。

 

様々なご意見があるかと思いますが、

私は、ツインカップルは “ 第7段階までセックスしない ” という概念を、強く支持しています。

何故なら、 “ セックス = ツインソウルの統合の儀式 ” だからです。

 

この意味、おそらく “ 本物を体験している方じゃなきゃ理解できない ” と思います。

私は、未遂に終わっているので疑似体験に過ぎませんが・・・

“ あの現象 ” を体験したからには、この概念が “ 事実 ” であることは疑う余地もありません。

(先入観を与えてしまいますので、これ以上のお話は控えさせて頂きます。)

 

ツインブログを読んでいると、お相手と “ セックス済み ” の方がいらっしゃいますよね?

“ セックス済み = 統合済み ” ですから、

統合を終えたツインカップルが離別の道を選んだということは・・・

  1. お相手が本物のツインソウルじゃなかったケース
  2. 転生前の魂の計画で、統合後に一緒に生きることを選択しなかったケース

の、2つのパターンが考えられます。

 

ステージ途中の統合は考え難いので、①のパターンが圧倒的に多いと思いますが、

稀に(第6段階レベルの魂で出会ったツインカップルが存在するならば、)②のパターンを選択したツインカップルもいらっしゃるかもしれません。

 

それ以外のパターンは例外中の例外なので、私にはよく解りません。

補足/My episode

私とお相手、お互いに “ そのつもり ” で触れ合ったことがあったの。

でもね・・・ありえない状況(邪魔)が幾重にも重なって、させて貰えませんでした。

完全完璧に阻止されました。

 

理解が深まると・・・

このときの “ 阻止 ” こそが “ 宇宙のサポート ” だったんだって気がつきました。

試練半ばで “ 統合 ” させて貰えないのは当然のこと。

ありとあらゆる手段(ガイド)を使って、私達の統合を阻止して下さいました。

 

ツインソウルは、魂の状態を “ アセンションレベルに引き上げることを目的 ” に出会っていますから、その目的に達するまで(第7段階まで)お相手と思うような関係が築けないのが特徴です。

おそらく “ 離別 ” の原因となった “ 障害 ” を取り除かない限り、統合が阻まれるような状況下にあるのがツインカップルの宿命かと・・・

その障害は、統合が近づくと自然に取り除かれるようになっているんですよね!

つまり・・・第7段階まで進まないと、肉体関係を結べるような状況(環境)にはならないってことだね。

 

愛し合うふたりが、男女の関係になれないのって不思議ですよね?

普通の(大人の)恋愛では考えられないことかもしれません。

 

でもそこは、宇宙が強力にサポートして下さっていますからご安心下さい。

誘惑に負けそうになっても、ありとあらゆる方法を使って阻止して下さいますよ!

間違った方向に進まないように、行動を制御して下さっているんだもの心強いね! 

今日の雑談

ツインブログを書いていると “ 本物であれば ” とか “ 本物を体験していれば ” って言葉に逃げることがあります。

真実を書いていても、それが真実だと理解できるのは真実を知っている人だけですし・・・

何を書いても、“ ツインソウルの情報に100%真実だと言える情報は存在しない ” なんて言われちゃいそうですもの(笑)

 

チェイサーは、自らの経験を通して “ 宇宙の法則 ” に気付く必要がありますから、100%真実だと思える情報を人から与えてもらう必要はないと思います。

その出会いが本物であれば、何れ(第6段階にもなれば)真実に出会えますから!

 

『宇宙の法則』が如何に正確か、驚くと思います。

『ツインソウルの概念』が、ほぼ例外なく、全てのツインカップルに当てはまることも(〃 ° 艸 ° )☆ 

 

 

★読者登録して頂くと、ブログ更新を見逃しません★

読者になる ( ゝω・*)ヨロシクね!