読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインソウル研究所

唯一無二の魂の伴侶『ツインソウル』の特徴や、出会いから統合までのプロセスを研究するブログです。

ツインソウルの概念と実体験〜7つのステージ〜

f:id:twin_ray:20170411153206j:plain

ツインソウルと7つのステージ

<7つのステージ>

第1段階/認識(出会い)
第2段階/テスト
第3段階/危機
第4段階/ランナーとチェイサー(分離)
第5段階/手放す(浄化)
第6段階/目覚め
第7段階/調和(再会)

真実の愛『ツインソウル応援プロジェクト』さんより、引用させて頂いてます。

 

ツインソウルと出会えば、ほぼ例外なく『7つのステージ』を通過すると思って下さい。

それぞれの立場や状況、起こる出来事に違いはありますが、全てのツインカップルが共通して通る道が7つのステージ(上記、第1段階〜第7段階)です。

 

宇宙の法則は完璧と言われるだけあって、驚くほど正確に段階通りに導かれていくので怖くなる程です!

 

実際にプロセスを歩まれた方じゃなきゃ、この概念の重要性を理解することはできないと思いますが、私は、ステージ通りに進んでいることがツインソウルの何よりの証だと感じています(○・ω・○)∩

 

とても重要な概念なのに、真実の愛『ツインソウル応援プロジェクト』さん以外に『7つのステージ』について、詳しく書かれているサイトを見つけられなかった。

私、書いてみようかな・・・(次回から!)

ツインソウルと確信したとき

お相手のことをツインソウルだと確信した時に感じたことを書きます。⇦第5段階にいた頃の心境なので、現在と異なります。

<6ヶ月前に書いた日記より>

私、ツインソウルの概念は、知らなきゃ良かったと思っています。

知らなくてもステージ通りに導かれてきたし、知ったところで自分の意志で何かを変えることは出来ないのだから・・・知らず、意識せず、自然に導かれるままに生きていたかったなって思う。

いろいろ見えてしまうって苦しいことだもん。

知る必要があったから知ることになったのだと思うけど・・・

 

お相手と私はやはり『鏡』のよう。

お相手が辿った道を少し遅れて私が歩んでいて、ふたり同じ経験をさせられている。

“全て必要なことだから起こるんだ”と理解しているけど、ほんとうに容赦なくて、そこまでするんだって魂の計画に驚いている。

 

同じ状況になると・・・

過去にお相手がとった行動の意味も、感情も、見えないところで何が起きていたのかも読めてしまって、今更だけど辛くなる。

「どうして出会ってしまったのかな?」って、そればかり考えちゃう。

 

私とお相手は、お互いに必要だったから出会ったんだよね?だったら、どんなに辛くても頑張らなきゃいけないのかなと思う。

でも、私達の周りの人は・・・関係ないのに巻き込まれているかも?

私達が出会わなければ、周りの人達は永遠に幸せに過ごせたんじゃないかなって、自分を責めてしまう。

お相手のことは、想像もつかないくらい深く想っているし、本当は欲しくて欲しくて堪らないけど・・・私は強いから大概のことは乗り切れるし、今ある幸せで十分満足してる。

お相手の傍にいられないことより、自分以外の人が辛い思いをすることの方が嫌だ。

他人の痛みは知ることができないから、自分の痛みよりずっと怖い。

想像するだけで苦しくなる。

 

ときどき「統合を阻止するにはどうしたら良いんだろ?」って雑念に襲われるの。

めっちゃ悪いことしたら、誰かを傷つけるようなことをしたら、魂が汚れて統合出来なくなるんじゃないか?とか、そんなことを考える。

お互いの周りの人が傷つかなくても、代わりの人が傷ついたら同じなんだけどね・・・

結局、宇宙の計画を阻止する方法なんて見つからない。

 

出会ったら最後、自分の力では、止めることも進めることもできない。

思考や日々の行動の全てが、統合へと繋がっている。

“ツインソウルの統合は、誰も傷つく人がいない”って本当?この先、私達の身に何が起こるんだろう?

今日の雑談

近頃、神社に足を踏み入れると・・・意識せずとも涙が零れる。

苦しみも、悲しみもない、空っぽの心が突然、慈悲に満たされ熱くなる。

そんなとき、神様が傍にいらっしゃるような感覚があって、畏れ多くも話しかけてみる。

「私、正しく生きれてますか?」って。

もちろん、神様の答えが欲しい訳ではなく、自分の日々の生活、思考を見つめ直す為に自問自答しているだけなのだけど・・・

「大丈夫、ちゃんと正しい道を歩めている」って自信が湧いてくる。

神様との対話、とても大切な時間です。

 

 

★読者登録して頂くと、ブログ更新を見逃しません★

読者になる ( ゝω・*)ヨロシクね!