ツインソウル研究所

唯一無二の魂の伴侶『ツインソウル』の特徴や、出会いから統合までのプロセスを研究するブログです。

私とお相手に、ツインソウルの通説は当てはまるか?〜社会的特徴編〜

f:id:twin_ray:20170424160541j:plain

ツインソウルの通説検証、その②

〇真逆の社会的立場にあります。

(*´ ω`*)「Yes」

 

どんな立場かは内緒ね♡

不倫や浮気じゃないよ!

 

例えるなら・・・ご主人様とメイドみたいな(笑)

 

〇相手の得意分野は自分の苦手分野。

(*´ ω`*)「Yes」

 

ツインの特徴とされているものの中で一番・・・

不思議だなぁ、本当だなぁ、と感じるこの特徴。

ひとつの分野を100として、ふたりで仲良く分け合ってるんだよね!


この概念を知ってからは、自分の苦手なことが愛しく思えちゃう♡

 

〇ツインに出会う人は苦労人。

(´ - ω - `)「YES」&「NO」

 

そ、だね。

誰かの支え(為)になる苦労を “ 苦労 ” と感じるなら・・・

私は “ 苦労の多い人生 ” を送ってきた。

でも、自分が背負うことで誰かが幸せになれる苦労なら、私はそれを最終的には(途中、葛藤・苦痛もあるけど) Happy ” と感じるの。

 

だからこの噂「YES」とも「NO」とも言えない。

 

お相手はどーかな?

人として、とても成熟しているから、それなりの人生を送ってきたんじゃないかな?

 

〇ふたりで取り組まなきゃいけない使命が与えられている。

(*´ ω`*)「Yes」

 

多分、あるんだと思う。

ふたりで取り組む使命が “ ない ” としたら・・・

私は、お相手と再会しなくてもこのまま、今のまま、ずっとずっと胸の奥で想い続けるだけで良いもの。

 

幸福すぎる今を以てしても、お相手が私の中に居続けるのは、やらなきゃいけない使命があるからかな?

 今日の雑談

私達、ツインソウルの関係じゃなかったらきっと・・・

出会うことも

認識することも

惹かれることも

お互いになかったと思う。

 

私達は、住む世界が違う。

 

出会う前(第1段階 “ 出会い ” の意)は、お相手の生み出す世界観にどうしようもなく惹かれながらも “  現実世界の人 ” としての認識はなかった。

例えるなら “ キャラクター(=フィクションに登場する人物) ” と同じような対象として見ていた。

私、手の届かない人を好きになるほどバカじゃないもの( ° ω ° ;)汗

 

お相手もきっと、私みたいな立場の女の子のことは、完全に対象外と考えていたと思う。

 

普通であれば、ありえない関係性なのに、あまりにもスムーズに発展していったから、シンデレラストーリーと重ねて幸せに浸っていました。(第4段階が訪れるまでの期間は・・・)

 

今思えば、スムーズに事が運んだのは全て “ 宇宙のサポート ” を受けていたからなのかもしれないね!

 

 

★読者登録して頂くと、ブログ更新を見逃しません★

読者になる ( ゝω・*)ヨロシクね!